牧師紹介

ヨハネ 塚田 重太郎

cakecut

1971年12月生まれ。

高校1年、15歳の秋、洗礼を受けてクリスチャンになりました。

私にとって、クリスチャンという生き方は、ナザレのイエスと旅をしながら、寄留者として、探求者として、不確かな世界を希望と喜びを持って生きる術を身につけること、かな?

クリスチャンにとってもっとも大切な使命は、どうやって、「今、ここで」、神の国を指し示す平和の共同体になれるかだと思っています。

神学教育の経歴に現れている通り、私の信仰は種々の伝統から影響を受けながら、今も変化を続ける雑種で、純血種ではありません。

北海道聖書学院

上智大学神学部神学科

東京大学大学院超域文化科学専攻(比較文学比較文化分野)

聖公会神学院

リドリー・ホール (Ridley Hall)/ケンブリッジ大学 (University of Cambridge)

アバディーン大学 (University of Aberdeen) PhD in Divinity in Theological Ethics

2013年秋よりスコットランドのアバディーン大学にて、クリストファー・ブリテン (Christopher Brittain)、ブライアン・ブロック (Brian Brock)、スタンリー・ハワーワス (Stanley Hauerwas)のもとで研究生活(キリスト教倫理)をし、2017年1月末に博士論文執筆をを終えて帰国しました。その年の2月からしたマーガレット教会勤務となり、2017年4月1日より現職です。

最大の神学的関心は、

  1. 教義を読み込まずに、聖書のテキストに語らせること
  2. 量子力学と宇宙論の発展に真摯に向き合い、キリスト論と終末論を修正すること。

自分の世代がやらなくてはならないと思っていることは、

  1. 教会の(キリスト教の)負の遺産に蹴りをつけること
  2. 新たな信仰共同体のあり方を見出すこと
  3. 未来の世代を育てること