牧師執筆:ランベス会議資料

ランベス会議は10年ごとに、全世界のアングリカン・コミュニオンに所属する聖公会の主教がカンタベリー大主教に招かれて行う会議で、様々な意見を交換し、お互いに理解を深め、学びあうのが目的です。

昨年2020年に開催予定だったランベス会議は、コロナ禍のため、2022年に延期されました。

ランベス会議に先立ち、3冊の書籍がその準備のために発刊されました。

その1冊、Wolking Together にマーガレット教会牧師、塚田重太郎が執筆いたしました。

Reading